MENU

ブログ  その他

体にも衣替えがある

猛烈に暑かった今年の夏。

まだまだ暑さは続きますが、とはいえ徐々に秋空を感じる今日この頃です。

いよいよ体の衣替えシーズンが到来します!季節の変わりはじめの今こそ、水分不足に注意しましょう。

 

 

 

 

24264051_s.jpg

 

 

猛暑を乗り越え、やっと朝晩涼しくなってきたと思ったら、台風の連続。湿気もあって蒸し暑さがしばらく続きますね。

しかし、暑さを感じる一方、体の中では着々と細胞のシステムの切り替えが始まっています。

夏仕様だった体が、徐々に冬仕様へとうつり変わり、冬を迎える準備を始めています。

体に負担がかからないように自動的に細胞が行ってくれていますので、中で起こっている変化に私たちは全く気が付きません。しかし、夏には熱を放出するために拡張していた血管が、夏の放出を防ぐために細くなっていったり、他にも色んな変化が巻き起こっているのです。
 

 

この切り替えをスムーズに行うために、必要なものがお水。
そして栄養などのミネラルです。

 

 

特に注意していただきたいのはお水の方で、
夏はのどが渇いて意識せずとも飲めていたお水が、涼しくなったとたんに急に飲まなくなったりします。すると細胞の水分摂取量がガクンと減って、働きがスムーズにいかなくなり、腸の働きが悪くなったり、そのため免疫が下がったり、風邪を引きやすくなったり、色々な症状を引き起こします。
 



体の、細胞の働きに耳を傾けてみてください。

 

740501.jpg



「もう少しお水が欲しいよ~」なんて声が聞こえませんか?^^


 

 

のどが渇くのを待たずとも、意識してお水を飲むことが健やかさにつながるポイントです。

特に睡眠中は水分を発散しますので、寝る前の一杯、起きたら一杯、を心がけてみてください。

可能なら、1時間に1回、一口の水分補給もおすすめです。

 

 

負担なく続けられることこそ、長続きし、良い習慣に変わります。

健やかに楽しく、季節が移りかわる変化を感じてみましょう♪




 

 

 

≫ Read More

腸もみ☆かつてないスッキリ感(実際の感想)

3月の終わりから、【腸もみ30分コース】を10日に一度くらいのペースで5か月ほど通ってくださっているクライアント様から嬉しいシェアがありました。
それは、★かつてないスッキリ感を体験したとのこと★でした。

 

24017842_m.jpg

 

 

ご来店の翌日にLINEメッセージが届き、読んで嬉しくなりました。

 

それは、
「昨日は夕方からお腹がグルグル動き出し始めて、見事に溜まっていた便がスッキリ全部でてしまいました!」
という文面。(絵文字以外はそのままコピーした文面です。)



次のご来店時にもその感動をお伝えくださり、
「今までほぼ毎日便が出ていたので、不要なものは自分はちゃんと出せていると思っていた。けれど、そうじゃなかったんだね。」と仰っていました。
 

 

 

まさにそのとおりなんです!

私が皆様に体験してほしいと思っていたことが、また、一人のクライアントに届いて本当に嬉しく思っています。

 

 

 

 

人は変われる!

 

 

私も、今の腸もみサロンを立ち上げる前、上のクライアント様の感動と同じように感じました。

だって、腸活をはじめてから一日に2回もしっかり便が出る日が続きましたから、今ほど知識のない私は不思議でなりませんでした。

 

 

食べる量はそんなに変わっていないのに、便が増えるってどういうこと…???

 

 

これは今思えば、栄養がちゃんと細胞に届くようになって、長年体内に留まっていた不要なものが細胞から吐き出されたんだと思います。便秘の悩みはすっかり解消されて、慢性的にあった腰痛もすぐに改善しました。

 



自分は健康だと思っていたけど、そうじゃなかった。。。

 

これに気がつた時、衝撃でした。

生まれてはじめて、本当の“健康”というものを実感しました。

 


体が重いか軽いかなんて比べるものがなければ、自分で決められますから、当然ですよね。

でも、以前の自分と比べたら、絶対的に軽い!
腰痛も肩コリもないし、なんか気分も前向き!?
前とは全然違うよな・・・!?

 

って感じでした。



今ほど、腸活はまだブームではありませんでしたので、まさか「腸」に問題があったなんて思いもしませんでした。

しかも自分に「疲れやすい」「体が重い」症状??!

 

 

腸や体の仕組みに興味を持ち、勉強を重ねていくごとにすべてが腑に落ちました。

今や腸もみや腸マッサージをうたっているサロンさんはかなり増えましたが、そのねらいと目的、特色などは様々です。

 

当サロンも腸が柔らかくなって身体が楽になることを目的の一つとしていますが、腸もみで一番ご実感いただきたいのは「気分が前向きになること」も重要視しています。

 

細胞間に溜まった不要物はデトックスできていないと、心まで重くさせます。



かつての私は、誰かに何かを誘われても断る理由ばかり考えていました。

とくに、回り道が大嫌い、無駄が大嫌い、非効率なものは排除!って感じで、楽しむことより疲れないことばかりを優先していたのです。

仕事が増えたり、予定通り物事が進まないと、イライラが勃発!楽しめる余裕がありませんでした。相手に不満を抱き自分のことも嫌になる、の繰り返し。

こんな自分に少し嫌悪感を抱きながらも、自分はこんなやつなんだ、と諦めていました。

 

でも、今思えば性格が悪かったわけでもなく、心が重たかっただけでもなく、「体の重たさ」が一番関係していたのだと思います。

 

たった一回の腸もみマッサージを受けに来た方でも、その、自分の在り方の変化に気が付いてくださる方は少なくありません。

 

「これまでは夫とケンカしたらただ言いなりだったけど、今回ははじめて、自分の意志を貫こう!ってなってます」

「今まで問題があると、仲間と同調して悪口で盛り上がってましたが、なんか違うって、問題の本質に気が付きました」

とか、

 

クライアント様たちの変化を一緒に経験させてもらっています。



ですので、まだ腸もみを知らない人がいたら、ぜひ知っていただきたい!

 

腸が元気になると、人は変われるんです!

 

それは成長や、進歩などという大そうなものではなく、

余計なものを外して、本来の在り方に戻していく作業かもしれません。

 

 


この感動を、一人でも多くの方にシェアしていきたいです。

 

 

 

 

 

掲載中ののクチコミ・ご感想はこちら

Googleクチコミ

HOT PEPPER Beautyクチコミ

 

 

 

 

 

≫ Read More

高いエネルギーは創造の意欲から作られる

「そうだ、こうしよう!」とアイディアが湧いた瞬間が、人間にとって一番、生命エネルギーの高い瞬間だと言えるかもしれません。

想像してみてください。創造の意欲に湧くこの瞬間を。

それは希望に満ち溢れたものではないでしょうか。

 

レザークラフト.JPGDSC_7420.JPG

 

私事ですが、先日、初めてレザークラフトを体験しました。^^
美大を卒業して以来、何かを創作する機会は少なかったのですが、「アート表現が好き」という自分の性質は変わってないようでして、とても熱中して「今」を過ごすことができました。

こういう制作に熱中している時って、日ごろの身の回りを取り巻く現実世界は全く思い出さないものですね。なんだか、現実とは全く別の世界の時間を過ごしているようです。だから、モノづくりが瞑想だと言う人が多いのも納得です。

そこに在るのは、私の創造の世界だけ。

だた平和を楽しみ、喜び感じて、ポジティブなエネルギーだけが未来につながっているような気がします。

 

 

波動.png

 

上の表はご存知でしょうか。

実は冒頭に記した経験って、一部の人が体感でそう感じている事実でなく科学的にも証明されていることなんです。※表の数字は周波数Hzを示しています。



「啓発」は最高潮のエネルギー。まさに創造と破壊に値します。



古い概念を壊して、未来のために新しいものを創造します。

波動とか、エネルギーっていうと、目に見えない世界の話なので、馴染の少ない方は「宗教か?」とか「あやしい!」などと怪訝な反応を示しますが、紛れもなくそこに存在する「真実」。これが大きく「健康」に関わっているです。

 

 




エネルギーの世界について、もう少し詳しく知りたい方はこちらのHPが参考になるかもしれません。よかったら見てみてください。

◆【パワーか、フォースか】意識レベルがなぜ重要なのか徹底解説〜「現状から抜け出したい」と思わなくなると叶う
https://deguchikiichi.com/2019/02/03/level/

 

 

自分の内側をチェックして、人生にチェンジを与えたい方にはこちらがおすすめです。

◆瞑想コメンタリー「考えの質を高める」

https://1drv.ms/v/s!Ag5RgWgNEb6f-lliYosItpehaFNF

NPO法人)ブラ―マ・クマリス主催【ワールドメディテーションアワー】より

 

 

 

 

 


 

≫ Read More

健康の基礎「高いエネルギー」を築く

健康の基礎とは、体の根底に「安定した幸福・満足」を感じていることです。真実を探ってきたこれまでの私の経緯とともにご紹介します。

 

瞑想.jpg

 

【おすすめ!瞑想でビジュアライゼーション】



私の話ですが、18歳のころ原付バイクで事故にあい、車に激突して一瞬だけ気を失ったことがあります。幸いにも無傷ですぐに現実世界へ戻ってこられたのですが、実はこの時少しだけ悟りが開けたんです。
 


◆☆*: .。. ◆.。.:*☆◆☆*: .。. ◆.。.:*☆

「肉眼で見えている世界はすべて幻影なんだ」と。

◆☆*: .。. ◆.。.:*☆◆☆*: .。. ◆.。.:*☆



「私」の実態はこの世界のもっと越えたところにあると実感しました。

 

そのあと美術大学へ進学し言葉で伝えられない思いを作品で表現しようとしましたが、うまく伝わりませんでした。

そりゃそうです…、だって自分でもよく理解できていなかったのですから。(笑)

 

しかし何をどう学べば正解にたどり着けるのかがわからず、ずっと終わりのない真っ暗なトンネルを手探りで歩んできたような感覚でした。必死で何かをつかみ取ろうとして、哲学やスピリチュアルな方面にも興味津々でした。

唯ずっと「真実」が知りたかったのです。

 

 

◆☆*: .。. ◆.。.:*☆◆☆*: .。. ◆.。.:*☆

「私っていったい何者?
何のために生きているの?」


◆☆*: .。. ◆.。.:*☆◆☆*: .。. ◆.。.:*☆

 

 

そのうち結婚や出産を経験し、目まぐるしく環境が変化していきました。コロナや時代の変化もやってきて、そして、その答えは突然やってきたんです。




考えてみたらこれまでの出逢いや経験がぜんぶ、嬉しかったことも悲しかったことも、今を作るための準備にすぎなかったのだと実感しました。そして今この瞬間がまた、未来につながっていくのだと解りました。



私の中で大きく転機になった準備の一つが、まさに、
「腸もみリンパ」との出逢いでした。



最初は、家族の健康と自分の産後の不調を改善するためだけに始めたことですが、お腹も心も健康になっていったことで、きっと本来の私のアンテナが目覚めていったんだと思います。


いろんな出逢いに導かれ、今のような精神世界と体のつながりについてもお話できるようになりました。

 

 

 

健康の基礎は、

◆。◆。◆。◆。◆。◆。◆。◆

体の根底に「安定した幸福・満足」を感じていること

◆。◆。◆。◆。◆。◆。◆。◆ 


がポイントとなります。
※もちろん、空気や食事、水にも気を付ける必要はありますが…


 



まずは本当の自分を取り戻し、物事を一歩引いて見ていくことがその最初のステップになります。

 



物質世界を見る、意識の「色メガネ」を外せた時、祝福で満ち溢れた素晴らしい現実に気が付きます。
 

・・・すると不思議なくらい楽にすべてを受け取ることができるようになり、


それは私たちを重たさから解放し、


自ずと肉体へ良い方向へと促す力に変わるっていくのです…!





サロンワーク以外でも、SNS投稿や公式LINEを通じて皆様へ役立つ情報を随時配信しています。
下の瞑想コメンタリーのように、皆さまの健康の手助けとなるものがあったら今後もご紹介していきますので、「いいね」やお友達登録もどうぞ宜しくお願いします。


友だち追加  

 

 

 


◆瞑想コメンタリー「仮の私というマスクを外す」

https://1drv.ms/v/s!Ag5RgWgNEb6f-jYN8VXfQPGuoBPa

NPO法人)ブラ―マ・クマリス主催【ワールドメディテーションアワー】より

 

 

 

 

 

 

≫ Read More

新たな腸もみセラピストが誕生☆

ついに当サロンの腸もみセラピスト育成講座が開講されました。

これまで培ってきたお腹のリンパケア法を伝授。とても熱心に受講してくださり、私にとっても良い学びの時間となりました。これからも互いに、ますます高め合える仲間として、ともに社会に貢献していけたら嬉しいです。

 

 

2.png

 

 

2022年4月吉日。

10時間の受講を終え、ここに新たな腸もみリンパケアセラピストさんが誕生いたしました!

 

初めての講座でちゃんとお伝えできるかと少し不安もありました。しかし「何か起こったら起こったで、その時冷静に対処すればいいね…!」と意識的に考えるようにしたら、私もリラックスして楽しむことができました。

 

第一期生として受講してくださったのは、去年の夏終わりごろに初めてサロンを訪れてくださったお客様で、2月に行った腸講座をきっかけに腸の大事さを改めて知ってもらい今回の運びとなりました。ご本人自身が、腸もみで変化してくのを体感されたことが一番大きなきっかけであったようで、よもぎ蒸しと併せて今後の活動に役立てていきたいと仰っていました。

 

もともとセラピスト育成に少し興味を持ちはじめていた私にとっては、本当に有難いきっかけでした。まるで神様から急に背中を押されたような・・・!そんな気分です。

 

5年前、長崎から腸もみの先生が来てくれて、福岡で私と一緒に講座を受けた仲間は誰も腸もみセラピストにはなっていません。そのため、私は仲間に飢えていたんだと思います(笑)

この度協力してくれたモデルさんのお腹を触っていて、生徒さんと私のキャッチする情報が少し違っていたりして、さらに興味深くなりました。セラピストさんが増えればきっと、その分だけ腸もみをする人の感性も、腸もみをされる人の感性も広がっていくのだと思います。癒しのや幸せの場が広がっていくイメージが描けます。

 

面白いとは思いませんか?^^

 

腸もみを習ってみたい、という方はいつでもご相談ください。

一緒に成長していきましょう♪

 

腸もみ講座についての情報をみる

 

 

 

 

<受講生のご感想>麗良さん感想文(名前なし).jpg

※誤字・脱字ありますが、そのままを見ていただきたかったので修正していません。

 

 

 

 

<モデル協力いただいたお客様のご感想>

投稿用.jpg

 

※二回目のモデル協力の翌日に届いたメッセージです。施術の前日、ストレスが溜まるような出来事があり、便が丸二日出ていない状況での施術でした。

 

 

 

腸もみ学ぶなら、ぜひB more Bで(^^♪

知れば、ご家族や身近な人たちへのコミュニケーション技術が一つ増えます。あなたに眠るあるひとつの感性… その歯車が動き出すと、自動的に世界はどんどん広がっていきます。

 

 

お問合せ.png

 

 

 

 

 

 

≫ Read More

スピリットの栄養ビタミンE「いい所を見る」

自分が望んでいたものとは正反対の性質を持つものほど理解しがたいです。それが身近な人間であろうと、政府だろうと、ウィルスであろうと。

そんなものを見つけたときこそこのビタミンEを摂ってみてください。そして、「正直」で「素直」で「正義感が強い」、「頑固」、「不器用」…そんな人ほど必要なビタミンです。

 

 

 

 

ついにコンプリート!

腸よろこぶ人生を応援する、安部一江です。

 

スピリットの栄養ビタミン「E」!

答えは「いいところを見る」でした。

 

イヤなところがあっても、いいところを見みて受け入れられれば世界は広がります。空間も時間も広げてみて見ることで、ダメだと思ってた部分とは反対の良い特質に気づいたりするものです。

 


しかし、視野を広げて物事をありのままに受け取ろうとしても、悪いところばかりが目に入ってしまう経験ってありませんか。
 

ーーーーーーーーーーーー

そうは言っても、本当にいいところひとつもない!ムリ!

誰がどう見たって、どうしようもない最低なヤツ(状況)~。

ーーーーーーーーーーーー

…なんてね。

 

 


クライアント様のお身体を触っていてよく思うことですが、こういう方々の傾向は怒りの感情が消化しきれずにストレスが溜まってしまっているケースがあります。それが肩こりや不調の原因になっていることも…。消化しきれない感情が内臓に緊張を招き、硬くなって循環を悪くしてしまっているのです。
 


恥ずかしながら、実は上に挙げた性質は私自身の傾向。ほんの最近まで特にそうだったので、よく分かるんです。(笑)
感じたことは事実として正直に対応するのが善だと思って過ごしてきましたし、そうしかできなかった・・・ 良いものは良い、悪いものは悪いと強く思ってしまうタイプなので、良い時は良いのですが、悪い時は不満や批判、嫌悪感が極まってしまっていました。100%自分が正解なんて思ってもいないのに、態度はそういう態度… 自分都合で視野が狭かったのだと思います。
悪いと判断された立場の人からすると完全に私は敵ですよね。味方からは裏表のない正直な人と評価を受ける一方、傲慢な厳しい人だと敬遠されることも少なくなかったと思います。


誰かを傷つけようなんて思っていないのに、

自分の古傷がカタチを変えて誰かを苦しめていた、
それに気がついた時、衝撃でした。

「悪いことを悪いと言って何が悪いんだ」と(無意識に)自分の態度を正当化し誹謗中傷することで自分の意義やプライドにすり替えていた、言い換えればそんなかんじです。より相手にインパクトを残すため、(無意識に)傷つく言葉やいやらしい態度を選んでしまっていたので、今考えればなんと愚か。

それほど私の心の傷は深かったんだと思います。


識別の高い方には、今さら?と思われるような内容かもしれません。
しかし、この「いいところを見る」ビタミンは案外大事で、争いなく世界が平和になる方法ではないでしょうか。

なぜなら、自分が変われば自ずと自分の態度が変わります。

自分の表情や振る舞いが変われば相手への印象も変わりますので、相手をコントロールしようと努力することなく変化がもたらされます。

 

 


いいところを見ようとしてもできない時、

大変化のチャンスです。

 

 

自分に尋ねてみてください。

 

 

「私の何が、意識をブロックしているのか?」と。

 

 

今の私の意識を作ったルーツを知る、

本当の私の輝きを見る、

そんな大チャンスになるかもしれませんよ。^^


 

 

 

 

≫ Read More

体が果たすべき役割を「乳酸菌」が担っている

ほとんどの人が聞き馴染みのある「乳酸菌」。この言葉を聞いて何をイメージしますか。

「お腹の調子を良くする」「便秘が解消される」などの印象がありますが、もっとそれ以上に、私たちにとっては欠かせない役割があるようです。

 

菌との共生.png

 

「菌」と聞くと発酵食品など体に役立つイメージもある一方、「細菌」「ばい菌」をイメージして悪者扱いすることも多い昨今です。

 

コロナウィルスが流行って以降、何かにつけてアルコール消毒、殺菌、除菌、除菌、除菌…。そのうえ、毎日の食事では、食品添加物、保存料、防腐剤…。

これではまだ明かされずとも、私たちの体を守るのに役立ってくれていた菌まで殺してしまっています。そのおかげで年々、人類は弱体化。肌は弱くなり、腸内の有用な細菌まで減ってしまって、バリア機能崩壊・・・。肌荒れ、アレルギー、ウィルス感染、癌、 など引き起こす結果につながっていると思います。

 

 

 

ちょっと怖いお話になりましたが、

菌と私たちの歴史を辿るととても面白いことが見えてきます。

 

 

何億年も大昔、それも生物が誕生する前のもっともっと前の、生命がまだみんな単細胞だったころ。

地球という星に生命を脅かすような大変動が起きました。

 

それぞれの能力に長けたバクテリアなどが「生きたい」と欲求し、単細胞にひとつにまとまり、協力し合って生き延びました。

それから、細胞分裂など、いろんなドラマが繰り返され、その結果が今の私たちの体につながっているそうです。

 

異質に思われる細菌も、お互いの生命が共生できるために体内に取り込みました。

細菌と同じ役割を持つ細胞は衰退。それらを繰り返して「今」の形、細胞の機能が存在します。

毎日毎日、細胞の変わりともなる重要な役割を、健康を守るために細菌たちが担ってくれています。

その代表が乳酸菌やビフィズス菌と呼ばれる善玉菌。意外にも、悪玉菌だって生命維持には欠かせない必要な役割を果たしてくれています。増えすぎると人体に害を及ぼすと言われていますが、健康を維持するためにはみんな必要なのです。

 

 

その証拠として、人体を構築するDNA(遺伝子情報)は他の動物や植物と比べても少ない!

 

 

人間は約2万3000個 なのに

 

遺伝子.png

 

 

生物の中で一番複雑そうなのに、意外ではありませんか。

 

 

 

≫ Read More

「便秘」は「内なる自分からのメッセージ」

漢字から読み解く「便秘」の真理 ー

独自に解析してみました!

 

 

 

「便秘」は内なる自分からのメッセージ

line.jpgline.jpgline.jpgline.jpgline.jpgline.jpg

 

便秘とは・・・「便の排泄ができない状態」のこと。便秘になったとき、「なんで出なくなったのか?」に着目したことはありますか?

自分の行動や心の内側に目を向けていくと、もっと根本にある「心」と「体」の状態が見えてくるように思います。

 

 

そもそも、人間の身体はなぜ動くのか?なのですが、

それは、0.1A(アンペア)という微弱な電流が流れていているからだそうです。電流が流れれば、携帯でも冷蔵庫でも、そのシステムを持つものは何でも動きます(※壊れていなければ…)。人間に関して言えば、その大もと=発電所的な役割を担っているのが眉間の奥に存在するらしい「魂」と呼ばれるもの ・・・私はこう認識しています。

 

「魂から放出されるエネルギーが、脳から体、背骨の中心から全身の神経を巡って細胞が動かされている」

 

しかし、日ごろの考え方や心の状態、食事や睡眠などの生活態度が悪ければ、栄養が行きわたらないどころかエネルギーの流れも悪くなってしまいます。血液が汚れたり、筋肉が硬直が続いたりすると、肩こりや肌荒れ、病気など、あらゆる症状を引き起こしてしまうのです。その初期段階に、「便秘」があると私は考えています。

 

 

 

 

漢字で解析!「便秘」の真理

line.jpgline.jpgline.jpgline.jpgline.jpgline.jpg

 

「便」

漢語時点を引くと、「都合がいい。ついで。てがるな。役に立つ。役立てる。たより。手紙。交通のてだて。お通じ。排泄物。」と出てきます。「便が出た」という時、人間のウンコを指すことはあるけれど、他の動物ではあまり使いません。ここにもなにか真理が隠れているようで面白いです。

「便」がお通じや排泄物という意味だけでなく、身体にとって都合が良いシステムであり、日常的でささやか、自分の健康状態を知るのに役に立つ指標であり、魂からのお知らせであり、身体の循環を促す手立てである… と考えると、全部が当てはまります。

ちなみに、「人」+「更」は「会意。人が力を加えて平らにならす、すらすら通る(ようにあらためる)」の意。便が出るたびに、人間は新しく、改められているようにも感じます。

  

 

「秘」      

こちらも漢語時点を引くと、「人に知らせないようにする。かくす。ひめる。人知でははかり知れない。通じが悪い。」と、さまざまな意味を示します。便秘とはまさしく、身体の内側から届く目に見えないかお手紙のようなもの。電流の伝達が悪い時にやってきます。お医者さんでさえ便秘の本当の原因などつきとめることはできないので、心と身体がちゃんとつながれるよう、日ごろの自分自身のケアがとても大切なのだと思います。

ちなみに、「秘」の「禾」は「示」が誤った俗字。神霊を招き降ろす祭壇を描いた象形文字であり、そこに神意が示されることから「しめす」意を表すそうです。「表して見せる。教える。さしずする。しめす。」の意味があります。私たちはほぼ毎日、当たり前のように排便を繰り返していますが、これはまさに、人知では計り知れない「神様」のような存在が与えてくれた人間のシステム。日々、感謝です。

最後に「必」。こちらは「かならず」という意味を持ちますが、元は曲がった棒をまっすぐ伸ばすために、両側から当て木をしてしめつけた形を描いた象形文字。

ですが、私にはどうしても、心に何か衝撃的な出来事、刀?矢?のようなものが、グサッ!と刺さっているように見えてしまうのです(笑) これが身体の電流の流れをせき止め、根本になっている何かではないかではないでしょうか。

便秘を改善するには、食生活などの生活習慣を改めることももちろんですが、この心に刺さった矢を見つけ、抜いて、癒す… そんな作業も必要なのかもしれません。

 

瞑想.jpg

 

 

 

≫ Read More

営業案内

■営業時間:
9:30〜17:00(終了時間)
※受付終了時間はメニューにより異なりますのでお問い合わせください。
■定休日: 日曜、祝祭日
■お支払い: 現金、VISA、mastercard、PayPayでお支払いいただけます。
■所在地:
福岡市城南区神松寺1-21-7 ロイヤルマンション神松寺502号室
TEL / 090-6555-6897
※施術中はお受けすることができませんので、ご了承ください。

リンパケアメニュー


フェイシャルリンパ
クイックヘッドリンパ
 エクセレントリンパケア
 上半身ボディリンパケア
 フットリンパケア
  ご注意事項

最近の投稿